トップ 教育ローン情報について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

教育ローン情報国の教育ローン > 大学在学中の本人が国の教育ローンを利用できる?

大学在学中の本人が国の教育ローンを利用できる?

大学在学中の本人が国の教育ローンを利用できる?の画像

大学に在学中、単位不足により留年…こういったことは珍しい事ではありません。
しかし、留年分の学費は用意していなかった、また、まかなえないなどの悩みを抱える人も少なくないでしょう。
こういった場合、学生本人が教育ローンを組むことはできるのでしょうか?
アメリカなどの海外では、学生本人がローンを組み、学費を自分で返済して行くのは普通に行われていることです。

親に頼らなくても、ちゃんと自分の学費を自分でまかなっている人は大変多いのです。
しかし、日本ではどうでしょうか?先程のような場合、借りられる可能性があるのは、社会人で入学している、働きながら学生をしていて、所得税や住民税の納税が証明できる位の収入がある場合です。
借入の条件は、「融資対象の学校に入学・在学している人の保護者」なのです。
ローンを組めるのは、返済能力があると認められた保護者なのです。

国の教育ローンの一つ、教育一般貸付では、年収790万円以内などの条件がありますが、790万円以内といっても、収入が0では認められません。
今の日本では、基本的に学生には融資はしていません。
例外もなくはありませんが、働きながら学生として勉強もしていて、収入や貯金などがあり、返済能力を認められた場合だけで、非常に稀です。
ですから、万が一、留年分の学費がまかなえないなどの問題が出てきたら、安定した収入があり、返済可能なご両親や親戚などに相談するしかないようです。

教育ローンの徹底比較をするなら↓

教育ローン

スポンサードリンク

教育ローン情報について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。